代表プロフィール

HOME > 代表プロフィール

代表者名 吉松 宏晃
生年月日 昭和47年(1972年)2月
出身地 奈良県大和郡山市(金魚で有名です。毎年夏には全国金魚すくい大会選手権が開催されます。)
出身校 大和郡山市立片桐西小学校卒業
大阪私立明星中学校・明星高等学校卒業(6年一貫教育の男子校です)
大阪市立大学経済学部卒業
経歴 大学卒業後野村證券で約3年勤め、同僚と大阪にて起業(中古車販売仲介業)。
その後事業から一旦身を引き公認会計士の資格を取得し東陽監査法人(中堅監査法人)と会計事務所に同時入所。
監査法人では中堅から大規模組織の監査や財務調査等の業務を、会計事務所では主に中小企業の税務を中心に実務経験を積みH20年10月吉松会計事務所を開設
家族 妻1人(笑)、娘2人
趣味 クラシック音楽鑑賞(ブラームスとメンデルスゾーンを好んで聴いています。)
ピアノ(主に娘のためにプリキュアの主題歌などを弾いて楽しんでいます)、プログラミング(趣味の範囲で、VBAをしています。いろいろなプログラムを作って自動化し、楽をするのが好きです。
今度はFXの自動売買プログラムを作ろうかと真剣に考えています。(笑))
好きな言葉 「死ぬ気でやれよ、死なないから」(杉村太郎氏)
「銃は置いてゆけ、カノーリは持ってきてくれ」(Leave the gun.Take the cannoli.)(映画『ゴッドファーザー』)

代表者メッセージ

代表 吉松宏晃

あなたにとって、成功とはなんですか。成功してどうなりたいんですか?

こんにちは。あなたの成功のお手伝いをする会計士、代表の吉松宏晃と申します。突然すみません。わたしのご挨拶ということなのにいきなり質問をしてしまって。でも、一番大切なことですので、やっぱりまじめに考えてください。
これは根本的にわたしとあなたの相性が合うかどうか、ということにもつながります。

成功とは「単に」お金持ちになって、みんなにいいカッコ出来て、豪遊できることでしょうか?
事業を起こすという事は「お金を儲けたいから」、というのが正直なところ、重要な動機のひとつではあると思います。
でも、それだけなら、犯罪を犯してもお金持ちになればOK?一発屋でも瞬間お金持ちになればOK?はたまた、お金持ちになったとしてもプライベートが不幸でもOK?

あなたはそんなことはないと思うのです。もしあなたがこれから先、他の人に後ろ指をさされても、不幸であっても良いから、お金持ちになってさえいればよい、という方ならどうか右上の×印からご退出ください。
私の考える理想の成功は、営む事業によって自分を含む皆が豊かになり、社会に感謝されるような事業を作ってそれを維持することです。ここでの豊かさとはお金の面もさることながら、人間性でも向上し、精神的にも満ち足りた状態になることです。そして、しあわせになりたい…ぜいたくでしょうか?では、あなたにとって、しあわせとは?

このようにあなたにはいろいろとお聞きしたいことがたくさんあります。あなたにとっての成功、あなたにとってのしあわせが訪れるように、その理想に少しでも近づけるように、お手伝いをしたいと本気で思っているからです。
なんだか哲学的・宗教的になりましたが、わたしはあくまでも会計士・税理士です。具体的には、あなたが自分にとってのしあわせを得るためのツールとして事業をおこし、社会に良いインパクトを与える活動全般を活性化させるお手伝いをするのです。
ですから、あなたとのやりとりでは、極めて現実的なお話をさせていただきます。お布施などはいりません。
私は例えば創業まもない方に対して偽善的な経営理念を作ってみんなで共有しましょうなどとは言いません。
経営がもう一段階上がられたら、その時必要であれば作ればよいのです。また私は例えば資金力の弱い中小企業に対して大ヒット商品を開発することをことさら推奨することもありません。
0を1にするような活動、新市場を創出する活動は資本力の強い大企業に任せておけばよいのです。

代表 吉松宏晃

アクションプランなき経営に成功はない!

さて、私はいまから約20年前、大学を卒業して業界国内最大手の証券会社に入社し、資本主義社会の中心にいきなり放り込まれました。そこでは主に株式の売買仲介が行われていましたが、当時のお客様の中にはマネーゲームをされている方も多く、一方の証券マンの方にも自分の手数料売上を最優先するものもおりました。…そこで金銭的欲望が渦巻くドロドロした資本市場のど真ん中を目の当たりにしたわけです。

「他方では取引される株式の発行会社の事業に関しては、まるで不在であるかのような錯覚に陥るほどドライな判断の連続です。ドライな行動がドロドロの欲望から生じている…それが資本市場かと、感じたものです。「事業をしてみたい…」私にとってその欲求は自然なものであったかもしれません。
もちろん、事業家となることで自由裁量のメリットを手に入れられるという期待もありました。しかし、より大きい要因は『虚業病』といわれるものかもしれません。」

「今から思えばさしたる計画もなくち密なアクションプラン(その名も「行動計画」です。かなり具体的に書き出さなければ実際には行動できません。)もない状態での起業。
…うまくいくはずがありません。今の私なら、そのころの私にこうアドバイスするでしょう、「サラリーマンを辞めるのは早計です」(笑)。

経営者は「これからどうなる?」ではなく「これからどうするか?」

しかし、私の「今」があるのは、やはりこういった過去があるからだとしみじみ思うのは、次の生業として会計士という道を選んだことにあります。
それまでも、今もどのシーンにおいても常に私が関わりを持ちたいと願う真髄は「経営」そのものでした。
証券時代は取引される株式発行会社の「経営」に触れたいと想い、起業によってその「経営」を生身で体験したいと想いました。
そして会計士・税理士としては、より多くの種類の、いろいろな規模の会社・組織の「経営」を見たいと想い、幸運なことに本当にそうしてきました。悲喜こもごものエピソードはなかなか守秘義務の関係上ここにご披露できないのが残念ですが、そのエッセンスが私のなかにすんなりと流れ込み、腑に落ちていったのです。
しかし、だからといって100%成功する方法がわかったと言った大ボラは吹きません。それがわかるようなら、とっくにその方法でもっと大きな成果を挙げているはずですから。もちろん賢明なあなたであれば、私があなたを100%成功に導けるなどという妄想は抱いておられないでしょう。「経営」はそんな甘い世界ではありませんよね。奥が深いものです。
ただ私は経営に関して多少事例をたくさん知っているから、bestかどうかわからないけど、betterな選択ができるかもしれない、という事です。あるいはもっと他に選択肢がありますよ、と言えるかもしれない、という事です。
選択した結果がどうなるか、それは神のみぞ知るところです。あなたにはメリットとデメリットを知った上でリスクを取って強力に判断・行動してもらう。司馬遼太郎の「燃えよ剣」主人公土方歳三の言。『「どうなる」とは漢(おとこ)の思案ではない。
婦女子の言う事だ。漢は「どうする」ということ以外に思案はないぞ。』
私はこれを「漢」→経営者、「婦女子」→従業員と読み替えて理解しています。(決して男尊女卑ではありません。)

そして、私にあなたの判断のお手伝いができれば、私も「経営」へのかかわりによってあなたが成功する手助けができたことになり、私の成功の条件もそろうのです。
このような成功の相乗効果をもたらす、そんな好循環をあなたを中心としてあなたと共に生み出したい。そのお手伝いをする覚悟と準備は、私にはもうできています。

代表プロフィール

お問い合わせはこちら 成功したい中小企業の経営者の方のみ無料で対応します!

  • ご契約までの流れ
  • これまでのご相談案件
  • 事務所アクセス